コッムアセ |

Home

競馬初心者に見て欲しい基礎知識

競馬とは騎手が騎乗した馬を走らせ競争することである。またその競争の馬の着順を当てる賭博でもある。現在の形になったのは16世紀のイングランドが発祥と言われている。

馬の品種改良を繰り返し、主にサラブレッドで競争が行われている。競争は定められた専用の施設で行われ、定められた距離を定められた方向で周回して競われるものである。

この点で、馬の個性が重大な要素になってくる。短距離が得意な馬、長距離が得意な馬がおり、また右回りが得意な馬、左回りが得意な馬がいるからである。または芝のコースとダートのコースがある。

競走馬の繁殖は徹底的に管理されており、血統が重視され、遺伝的に得意なコースが決まっている場合がある。

競走馬生産牧場があり、そこで繁殖、育成、トレーニングが行われる。優秀な競走馬は種牡馬として子孫を残し、その優秀な血統の中から競馬に使う馬が選ばれている。

競馬は、日本中央競馬会と地方競馬の二つの団体で運営されている。日本中央競馬会(JRA)は農林水産大臣が監督にあたり、国が出資している特殊法人である。JRAは10の競馬場で土・日を使ってレースを開催している。

レースの中には、重賞レースとよばれるものがある。これは重要なレースという意味ではなく、毎年一定の時期に繰り返し行われることから来ている。

重賞レースに出走する馬には年齢制限や、成績などの条件がある。重賞レースはテレビ中継も行われ、競馬を知らない人にもある程度知識が広まっているほど有名な物である。

どの馬が勝つかを予想して、通称馬券と呼ばれる勝ち馬投票券を購入する。出走する馬は馬番号と出走するときの枠の番号が割り当てられる。

馬券には9種類あり、馬の番号と、枠と馬の人気でオッズがあるため、非常に複雑なものとなり、時に払戻金が莫大な金額になるときがある。

馬主、騎手、調教師、厩務員などの関係者がいる。馬主は競走馬を所有するものである。馬が8着以内にはいれば賞金が出るが、10パーセントが調教師に、5パーセントが騎手と厩務員に渡り、残りの80パーセントが馬主の物になる。

重賞レースでは賞金が大きいが、一方、馬を所有しているというステータスを好む馬主もいる。調教師は厩舎を経営し、馬主から預かった馬の調教、世話をする。

騎手や厩務員の養成機関もあり、騎手は試験に合格しなければなれない国家資格である。純粋に馬のレースが好きな人も、賭博が好きな人も混在し、ファンの数は多い。

25 12月 2014

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • 固定ページ

  • PR

    • 事業者ローン
      資金不足にすごくお困りの方に最適な金融会社です☆